組合員のひとりごと:第一回

7月のある日、ラジオ放送の中で視聴者の投稿メール紹介、理容室の前を通ると冷シャンプーとポスターが貼ってあったが冷シャンプーとはどんなものですかと言うメールの紹介がありました。

司会者(パーソナリティー)曰く、よく分からないので自分で体験して下さいとの回答。

この放送を聴いていて改めて感じた事は、店頭に張り出すポスター等の発信力と言うか、消費者方々の視線は掲示物等には目を向けてある事、それ以上に店頭も見られていると思い、外に出て改めて我が店頭をしげしげと見回し… 雨で濡れた窓を拭きましたが…

早速、当店でも冷シャンプーとはいかないがトニックシャンプーを使ってみる事とし、シャンプーマッサージもいつもより丁寧におこない、シャンプー後サッパリしましたか?とお客様にたずねますと、スッキリしたとの返事、暑いこの時期はトニックシャンプーを続けていこうと思う中で、当店も世の中の不景気同様、厳しい毎日でありますが我々の仕事もその時節に応じたサービス (物品供与・料金値引き等ではなく)気持ちのこもるサービスを提供する事で、次の来店につながるのではないかと思い考えた一日でした。
【60歳・男性】

関連記事

  1. 組合員のひとりごと:第二回
  2. 理容師の卵さんたちへ

最近の記事

  1. s-開会式
  2. s-29.9.11ボランティア 100
  3. IMG_2835
PAGE TOP