理容店をどうして床屋っていうんだろう(床屋発祥之地由来)

鎌倉時代の中期(1264~73)亀山天皇に仕えていた京都御所の北面の武士、従五位ノ下、北小路蔵人之頭・藤原基晴(ふじわらもとはる)は、宝刀の紛失事件の責任を取って職を辞し、三男・采女之亮政之(うねめのすけまさゆき)を連れて宝刀探索のため、当時蒙古襲来で風雲急を告げていた長門国下関に下った。

基晴親子は、当時下関で髪結をしていた新羅人からその技術を学び、従来の武士を客とした髪結所を開いた。店の床の間には亀山天皇と藤原家の先祖を祭る祭壇があったので、下関の人々はいつとはなしに「床の間のある店」転じて「床場」さらには「床屋」という屋号で呼ぶようになった。「床屋」という言葉は下関が発祥地となりその後全国に広まっていった。
その後、采女之亮政之は宝刀を見つけ朝廷に奉還し、鎌倉に移り住んで京都風の髪結職として幕府から重用された。
[下関床屋発祥の地記念誌より]

※床屋の名称について賛否はあるが、古くから親しまれた「床屋」と言う名称は、我々の原点でもある。

関連記事

  1. 理容の職業意識高まり
  2. 理容鋏の由来
  3. ご存知でしたか?髪結床から理容所へ
  4. 理容業と警視庁との関係(警視庁が理髪営業取締規則を定める)
  5. 理容店の看板サインポールの由来
  6. 毛・髪の話し

最近の記事

  1. s-29.10.23ゴルフ大会優勝 015
  2. s-29.10.16全国大会in和歌山 034
  3. s-5
PAGE TOP